洗顔が終わったら、とにかく化粧水からつけ、次に油分が比較的多いものを使っていきます。十分に保湿をしているのに肌乾燥が防げないのなら、潤いを守るための無くてはならない成分である「セラミド」が不十分である可能性があげられます。セラミドがたっぷり含まれる肌ほど、うるおいキープの立役者である角質層に潤いを保持することが可能になります。ヒアルロン酸はとくに皮膚や軟骨、関節液、 目などに存在し、カラダの内側でたくさんの機能を受け持っています。原則的には細胞と細胞のすき間に豊富にあって、物理的刺激から細胞をガードする役目を引き受けています。肌の美しさと潤いがある美肌を生み出すには、コラーゲン、ヒアルロン酸、なおかつそれらの美肌成分を産生する繊維芽細胞という肌の土台となる細胞が欠かせないエレメントになってくるわけです。皮膚表面からは、絶え間なく多くの潤い成分が出ているのですけど、お湯の温度が高いと、その潤い成分という物質が取り除かれやすくなるのです。そんな理由から、ぬるま湯に浸かるのがいいでしょう。